Fairy商会

大航海時代Online-Astraiosサーバーリスボンのショップ利用半専用商会です。
=これからもよろしくお願いしますm(_ _)m=

↓リロード毎にTOP画像がランダムで変わります↓


★★Fairy商会からのお知らせ★★


現在、Fairy商会はリスボンで出店中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の港 ボルドー~Bordeaux, Port of the Moon

2007/12/9(日曜日) 23:30からTBSで「世界遺産 ボルドー・月の港」が放送される予定です。
ここで宣伝したところで私には何も良いことはないのですがw

番宣


ちょっと見てみようかなと思ってしまった方はこちら↓


番組の壁紙
壁紙


日中普段の様子
普段


建築された当時の名称は王国広場 (place Royale)だそうです。

DOLの月の港w
121307 154654月の港


ボルドーのガロンヌ川に面したブルス広場は、ボルドー月の港と言う名前で世界遺産の文化遺産に認定されています。

この日の放送にかこつけて、ボルドーでワインを飲みながら、世界遺産の一人鑑賞会を行いたいと思いますw
ボルドーワイン

実は当日は大阪に出張してまして、ホテルの回線がちゃんとつながるかどうかが心配なのですが@@;

フランスワイン(英:French wine, 仏:Vin de France)は、フランス共和国で生産されるワイン(ぶどう酒)なのですが、このワイン、イタリア産も有名ですよねー。
実は現在では、ワインの生産量はイタリアが世界一だそうです。ブドウの栽培面積では、スペインが世界一だそう。
フランスではないんですね。
DOLでも、イタリアやスペインでもワインが扱われています。
そう言えば世界遺産でアゾレスを扱った時にもワインが紹介されていました。
なぜフランスワインがもっとも有名かと言うと、

『品質の高さ、洗練されたワイン文化、知名度などで、フランスの右に出るワイン産地はない。これは、フランスの気候・風土が、ワイン用ぶどうの栽培に適していることが一番の理由であるが、1935年にAOC法を制定するなど、国を挙げて品質の維持・向上に取り組んでいることにもよる。』

だそうです。

ボルドーワインは色と味わいのタイプで見ると、大きく分けて6種類になります。それは、赤、甘口白、辛口白、ロゼ、クレレ、クレマン。

ボルドーワインに使われる主なぶどうの種類も6種類。
赤ワインに使われる代表的な品種は、カベルネ・ソーヴィニヨン、カべルネ・フラン、メルロの3種類と、白ワインに使われる、芳香を高める力が非常に強いソーヴィニヨン、花のアロマをもたらすミュスカデル、そして甘口白ワインによく使われるセミヨンです。

ボルドー地方にぶどうの木がもたらされたのは、紀元1世紀にさかのぼります。ビチュリゲス・ヴィスケスというケルト民族が、寒さに強くボルドーのようなやせた砂礫土壌でも育つ、新しいぶどう品種を用いてぶどう畑をおこし、ワインをつくりはじめました。その品種はビチュリカと呼ばれ、カベルネ品種の原形です。

12世紀、イギリスの力をともなってボルドーワインは帆船で輸出されるようになり繁栄しました。
17世紀には、オランダ、ドイツ北部およびブルターニュというさらなる顧客をむかえて、ボルドー地方は新しい時代に入りました。ことに英国に代わって海運大国となったオランダは、転売するための伝統的なクラレットや甘口白ワインのほかに、ブランデーに蒸留するための白ワインを大量に買いつけました。ボルドーの生産者たちは、伝統的なワインにくわえ、新たに蒸留用の辛口や中甘口白ワインをつくりはじめたのです。

18世紀には、サント・ドミンゴといった西インド諸島やそれより小さいアンティル諸島のおかげでボルドーワインの輸出市場は確実に成長しました。フランス革命がおこるまで、この植民地貿易によってボルドーは大繁栄したのです。メドックには貴族によるいくつもの大きなシャトーができ、裕福な商人はネゴシアン(酒商)としての地域を築いていきました。
いっぽう、イギリスはボルドーワインの輸出量の10%を占めていただけですが、ロンドンの上流社会でたいへんもてはやされ、より上質のワインを求める風潮がおこりました。その同じ時期に、ワインをガラス瓶につめて、コルクで栓をすることが初めて導入され、徐々に樽による船積みに取って代わっていったのです。

以上はボルドーワインのサイト、BORDEAUXからの抜粋です@@;

店頭でいくつかボルドーワインを探してみたのですが、いま一つぱっとしないと言うか良く分からないと言うか@@;
で、ネットで検索してみました。
ヴィンテージボルドーワインの専門のwebsiteで、自分の生まれた年のボルドーワインを探してみました。

その結果は…
wain.jpg


ちょっとちょっとー、うちの家賃より高い物もあるじゃないですか?!
なんすかこの値段wwww
ちなみに私、200歳とかの年齢ではないですよ?w
なんでこんなに高いのさー(;`・ω・)

まー、シャトーマルゴー(これしか知らないです)があったら買っても良かったんだけど、ないから仕方ないか^^^^^^^^^^

って訳で当日は近所のスーパーで売ってました金賞受賞とか言うボルドーワインを飲んでましたwww



まだ調理ランクはカンストしてませんが、お弁当屋さんで生計を立てている時期が長かったお(仮名)商店にとって、美味しいものがたくさんありそうなフランスは憧れの国です。

ボルドーの港「マネー作 ボルドーの港」
マネー


放送に間に合う様に、
ボルドー産の「ワイン」とボルドーの名産品「ベルガモット(香辛料)」をリスボンにあります、Fairy商会ショップに出展したかったのですが、なんと「ベルガモット」はフランス人にしか買えない物でした><
苦節何日か、やっと代行で買って下さる方を見つけました!

121307 161019フランス

本当にありがとーーーーーーーーーーー
助かりました^^

誰がなんと言おうとこのワインはボルドーワインですw
121307 195104ボルドーワイン


代行で買って頂いたベルガモットです^^
121307 195112ベルガモット


FC2ブログランキング

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

俺メモw

ワインって綺麗だなー。

広場前の川は、思ったよりとても凄く大きく、高い所から見た景観は素晴らしかったです。
今よりもっともっと賑わってたんだなー。
月の港が反映していた頃と言うのは、大航海時代と重なる訳で、エンディングの霧のかかった港は、壁紙よりも素敵でした。

  • 2007/12/09(日) 23:57:14 |
  • URL |
  • お(仮名) #0NjmJF4A
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fairycompany.blog64.fc2.com/tb.php/708-67faa843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。